<TWS-Emerging 2016「余白の話」作品について>

今回は在廊することがなかなか出来なかったので、このような形で文章を掲載することにいたしました。
作品を楽しんでいただくための一つの要素になれば幸いです。